シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

パシフィック・リム:アップライジング

公式サイト:http://pacificrim.jp

見どころ:2013年に公開されたSFアクション『パシフィック・リム』のシリーズ第2弾。平穏を取り戻した地球に進化したKAIJUが再び出現し、人類と激闘を繰り広げる。監督はドラマシリーズ「スパルタカス」などに携わってきたスティーヴン・S・デナイト。『デトロイト』などのジョン・ボイエガ、『スクランブル』などのスコット・イーストウッド、『バベル』などの菊地凛子、『ちはやふる』シリーズなどの新田真剣佑らが出演する。

あらすじ:巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。

パシフィック・リム:アップライジング
(C) Legendary Pictures / Universal Pictures.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    日本の特撮物へのオマージュは健在だが、中国資本の影もチラホラ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     前作から10年後を舞台に、今度は巨大ロボットVS巨大怪獣のみならず、巨大ロボットVS巨大ロボットのバトルも繰り広げられる。しかも最終決戦の舞台は日本。監督は交代しても、相変わらず日本の特撮映画&ドラマへのリスペクトは健在だ。そういう意味で、オタク心をくすぐられる見せ場は盛りだくさんである。
     その一方、製作会社が中国企業に買収された時点で嫌な予感はしていたのだが、やはり中国市場を意識したプロパガンダ色がかなり目立つ。まあ、中国資本に対する諸外国の先入観を逆手に取ったストーリー展開は、なるほど、そう来ましたか!と思わせられるが、しかし同時に舞台裏の大人の事情が透けて見えるようで興ざめでもある。

  • 相馬 学
    怪獣バトルにメカ対決、日本的特撮の見せ場は増量
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作から監督が代わり、ギレルモ・デル・トロのようなオタク的設定密度の濃さは望むべくもないが、それでも巨大ロボット作品に親しんできた身としては大いにワクワクさせられた。

     中盤のイェーガー同士の対決はその象徴で、都市を破壊しながらメカとメカが激突するスペクタクルは日本の特撮モノを思わせる。東京や富士山を舞台にした怪獣バトルのクライマックスは、それに対する作り手のリスペクトの表明で、見ていて嬉しくなる。

     J・ボイエガふんする主人公の、ひねくれたアウトロー的なキャラクターも引き付けるものがあり、パイロット復帰からの成長のドラマにアツさが宿る。少女訓練兵との交流のエピソードも妙味。

  • 猿渡 由紀
    理屈抜きでぶっ飛ばすのはむしろ潔い
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ロボット対怪獣だった1作めの次と言えば、ロボット対ロボットで決まり。怪獣とも戦うのは基本なので、もちろんそれもアリ。そういうアクションを見るのが好きな人に、この映画はたっぷりすぎるくらいサービスをしてくれる。ドラマの部分やキャラクターは浅いのだが、無理に意味を持たせて深いフリをすることなく、とにかくノンストップでぶっ飛ばすのは、むしろ潔い。言ってみれば、思いきりお金のかかったB級映画。これはこれでいいと思うが、インスピレーションである日本に敬意を捧げるならば、東京の街の描写にももう少し注意を払ってくれればよかったのにという気も。

  • 斉藤 博昭
    監督が狙ったのはキングギドラかもしれないが…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    夜から太陽光の下へ。恐怖から爽快へ……。デル・トロが創造したダークな雰囲気を、デナイト監督は意図的に変革し、戦いの場をより見やすく演出。唐突に笑わせるシーンをぶっ込むのも、監督の個性の発揮だ。KAIJUに関しては、監督が好きだというキングギドラを思わせる「合体感」が表現されるが、前半の短い回想に現れる王道型が、純粋に怪獣マニアの心をくすぐったりして、そこはちょっと残念。その意味で今回は完全にイェーガー=ロボットへの愛が炸裂し、イェーガーが人間を救う瞬間などに、カタルシスが喚起される。ロボット愛はガンダムでも表現されるが、この登場のしかたはやや謎。全体では敢闘賞。

  • くれい響
    『パシリム』愛はあっても、魂は継承されず。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    中国大陸でのヒットあっての続編なので、たとえジン・ティエンが美味しい役回りだろうが、そこは黙ろう。ロボット映画としても、近年の『トランスフォーマー』シリーズに比べれば、しっかりした作りで、クライマックスの東京大決戦まで、それなりにツボも押さえている。だが、これが待望の『パシリム』の完璧な続編といえるか?というと眉唾モノであり、愛は感じられても、魂は継承されておらず、よくできたハリウッド大作止まりなのは否めない。『スターシップ・トゥルーパーズ』を意識した“新世代”の映画でもあり、前作の沼にどっぷり漬かってしまったファンほど、裏切りを感じるかもしれない。そのため、それなりの覚悟を要するだろう。

  • 平沢 薫
    オタクな博士コンビの大活躍が嬉しい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     前作の監督ギレルモ・デル・トロは製作に回り、監督はスティーヴン・S・デナイトに代わったが、デル・トロ映画の愛らしさがきっちり引き継がれているのが気持ちいい。
     中でも注目なのは、前作に続いて登場するオタクな博士コンビの描かれ方。それぞれのキャラクターや行動も、2人の関係性も、ああ、この2人ならきっとこうに違いないと思わせるのだ。2人が予想以上に大活躍してくれるのも嬉しい。
     もちろん、デナイト監督は「デアデビル」「スパルタカス」で鍛えた身体VS身体のアクションの演出力を発揮。大怪獣や巨大ロボットを動かすのは初めてだが、その重量感、破壊力を充分に堪能させてくれる。

予告編・動画

新田真剣佑イェーガー操縦席へ!『パシフィック・リム:アップライジング』日本版予告編
映画『パシフィック・リム:アップライジング』(原題)海外版予告編
『パシフィック・リム:アップライジング』特別映像
KAIJUが東京をぶっ壊す!映画『パシフィック・リム:アップライジング』映像

» 『パシフィック・リム:アップライジング』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) Legendary Pictures / Universal Pictures.

ポスター/チラシ

  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』ポスター
    ポスター
  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』ポスター
    ポスター
  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』チラシ
    チラシ
  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』チラシ
    チラシ
  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジプシー・アベンジャー 「スイングマスコット」(クリアブルーver.)
    ジプシー・アベンジャー 「スイングマスコット」(クリアブルーver.)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

ジェイク・ペントコスト:
ネイサン・ランバート:
アマーラ・ナマニ:
ニュート・ガイズラー博士:
リーウェン・シャオ:
ハーマン・ゴットリーブ博士:
チュアン司令官:
ジュールス・レジェス:
森マコ:
スレシュ:
メイリン:
リョーイチ:
ジェイク・ペントコスト:
ネイサン・ランバート:
アマーラ・ナマニ:
ニュート・ガイズラー博士:
リーウェン・シャオ:
ハーマン・ゴットリーブ博士:
チュアン司令官:
ジュールス・レジェス:
森マコ:
ヴィク:
ジナイ:
レナータ:
イリヤ:
スレシュ:
メイリン:
タヒーマ:
リョーイチ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パシフィック・リム:アップライジング』の映画ニュース

  • ギレルモ・デル・トロ監督が2013年に発表した映画『パシフィック・リム』で、未知の巨大生物と戦う主人公たちをサポートする科学者コンビを演じたチャーリー・デイとバーン...的なキャラクターがファンに愛され、続編『パシフィック・リム:アップライジング』にも登場する二人が、お互いの信頼関係に...
  • 大人気アニメシリーズの劇場版第22弾となる新作映画『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が驚異的な数字をたたき出し、16日に興行通信社から発表された土日2日間...ペクトを詰め込んだハリウッド大作の続編『パシフィック・リム:アップライジング』は、土日2日間で動員17万7,000人、興収2...
  • 俳優の新田真剣佑が『パシフィック・リム:アップライジング』(公開中)に出演し、日本人パイロット・リョーイチ役で活躍をみせている。 本作は、未知の巨大生物KAIJUとイエ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』★巨大ロボットの闘いを楽しむwithビル破壊(^^♪ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年4月19日 21時36分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172416/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 前作の続編です。 大きなロボットのぶつかり合いを、 ウオーッ!(^^)/と、楽しみたくて鑑賞♪ 前作から10年ほど、平和が続いていましたが 突然出現した、巨大ロボットが暴れまわる。 前回は、“怪獣“だったのに、怪獣を倒すロボット... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「パシフィック・リム:アップライジング・・・・・評価額1400円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年4月14日 18時18分)
    おかえり「パシフィック・リム」、さよならデル・トロ。 カイジュウ・プロレス第二章は、太平洋の海底での決戦で、次元の裂け目が閉じてから10年後。 今回の主人公は、前作で壮絶な最期を遂げたペントコスト司令官の息子、ジョン・ボイエガ演じるジェイクだ。 父の背中を追って、イェーガーのパイロットになったものの、落ちこぼれて軍を離れていたジェイクは、ひょんなことから復帰を果たし、教官としてパイ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年4月9日の週の公開作品
  3. 『パシフィック・リム:アップライジング』