シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
(C) MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT
製作年:
2017年
製作国:
フランス
日本公開:
2018年1月27日
(Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
後援:
タヒチ観光局
配給:
プレシディオ
カラー

見どころ:異国情緒あふれる画風で知られる19世紀を代表する後期印象派の画家、ポール・ゴーギャンのタヒチ滞在時代を描く伝記ドラマ。妻子と別れタヒチへ渡った彼が、現地で恋に落ちた女性をモデルに創作する日々が描かれる。『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』などのヴァンサン・カッセル、『画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密』などのマリック・ジディらが出演。テレビシリーズや短編などを手掛けてきたエドワール・ドゥリュックが監督を務める。

あらすじ:趣味で絵を描いていた株式仲買人のゴーギャンは、1882年にパリで株価が大暴落したのを機に画家を本業にするが、生活は貧しくなり妻子と別れてしまう。その後タヒチへ渡ったゴーギャンはその土地に魅了され、現地で出会った美しい女性テフラと結婚し、彼女をモデルにしたさまざまな作品を生み出す。しかし資金が底をつき、生活は破綻し……。

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
(C) MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT

映画短評

  • なかざわひでゆき
    天才画家の孤独を体現するヴァンサン・カッセルが大熱演
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     画家ゴーギャンのタヒチ紀行『ノア・ノア』を基にした伝記映画。画家として生計が成り立たず貧困にあえぐゴーギャンが、妻子を捨てて南海の楽園タヒチへと移り住むものの、そこは彼が勝手に思い描いたような理想郷ではなかった。言うなれば、天才ゆえにどこの社会にも馴染むことのできない、そんな芸術家の深い孤独を浮き彫りにした作品だ。
     見どころは何と言ってもゴーギャン役ヴァンサン・カッセルの大熱演。周囲に理解されない社会不適合者ゆえの失望や狂気を、余すことなく全身で体現する。タヒチ時代のミューズ、テフラとの複雑な結婚生活の描写も興味深いが、メリハリに乏しい平坦な演出のせいで全体的に長く感じることも否めない。

予告編・動画

ヴァンサン・カッセル、マリック・ジディら出演!映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』予告編

» 『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT

ポスター/チラシ

  • 映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』ポスター
    ポスター
  • 映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』チラシ
    チラシ
  • 映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』チラシ
    チラシ

スタッフ

音楽監督: マルタン・カロー
第一監督助手: ルドヴィック・ジロー
キャスティング: ジュリー・ラヴァロ
製作総指揮、ポリネシア: ローラン・ジャックマン
制作監督: シルヴィ・ペイレ
制作コーディネーター: ジュリー・レスカ

キャスト

ポール・ゴーギャン:
アンリ・ヴァラン:
メット・ゴーギャン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年1月22日の週の公開作品
  3. 『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』