シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ベロニカとの記憶 (2015)

2018年1月20日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベロニカとの記憶
(C) 2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

見どころ

『めぐり逢わせのお弁当』などのリテーシュ・バトラ監督がメガホンを取り、ジュリアン・バーンズの小説を映画化したミステリアスな人間ドラマ。1通の手紙をきっかけに、主人公の初恋や親友の自殺など青春の日々の裏側が明かされる。『アイリス』などのジム・ブロードベントや、『さざなみ』などのシャーロット・ランプリングのほか、ハリエット・ウォルター、ミシェル・ドッカリー、エミリー・モーティマーらが出演。

あらすじ

ロンドンで一人暮らしのトニー(ジム・ブロードベント)は、年金生活をしつつ小さな中古カメラ店を営んでいた。彼は別れた妻マーガレット(ハリエット・ウォルター)とも良好な関係を保ち、近々シングルマザーになる娘のスージー(ミシェル・ドッカリー)のケアにも忙しい。ある日、40年も前の初恋相手ベロニカの母親の遺品に関する通知が届く。必要な書類をそろえて相手先に送ると手紙と現金が送られてくるが、手紙に書かれていた添付品がなく……。

[PR]

映画詳細データ

英題
THE SENSE OF AN ENDING
製作国
イギリス
提供
  • フィルムネイション・エンターテインメント
  • BBCフィルムズ
  • リップシンク
製作
  • オリジン・ピクチャーズ
配給
  • ロングライド
シネマスコープ/カラー/5.1ch
(シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

ポストカード
ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]