シネマトゥデイ

こどもしょくどう

2018年冬公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こどもしょくどう
(C) 2018「こどもしょくどう」製作委員会

見どころ

貧困や育児放棄に苦しむ子供に食事を提供する食堂を題材にしたヒューマンドラマ。団らんと縁遠くなってしまった子供たちと、両親が営む食堂に彼らを招いて食事を振る舞う少年の交流を見つめる。監督は『爆心 長崎の空』などの日向寺太郎。テレビドラマ「明日、ママがいない」に出演した藤本哉汰と鈴木梨央、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどの吉岡秀隆、『だれかの木琴』などの常盤貴子らが共演。

あらすじ

食堂を営む父(吉岡秀隆)、母(常盤貴子)、妹(田中千空)と暮らしている、小学5年生の高野ユウト(藤本哉汰)。ユウトの幼なじみであるタカシ(浅川蓮)は、一緒に暮らす母がほとんど家におらず、学校でもいじめを受けていた。タカシを案じるユウトの両親は、彼を食堂に招いては夕食を振る舞っていた。ある日、ユウトとタカシは父親(降谷建志)と車で生活を送るミチル(鈴木梨央)とヒカル(古川凛)の姉妹と知り合う。ユウトは食堂に姉妹を連れていくが、その数日後に二人の父親の行方がわからなくなってしまう。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給・製作
  • パル企画
製作
  • コピーライツファクトリー
  • バップ
カラー
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]