シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

フラットライナーズ

公式サイト:http://Flatliners.JP
フラットライナーズ
英題:
FLATLINERS
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年12月22日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:ジュリア・ロバーツやケヴィン・ベーコンらが出演した1990年代のサスペンスをリメイク。臨死実験に挑む医学生たちの運命を映す。メガホンを取るのは『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などのニールス・アルデン・オプレヴ。『JUNO/ジュノ』などのエレン・ペイジ、『ブラッド・ファーザー』などのディエゴ・ルナ、ドラマシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などのニーナ・ドブレフらに加え、オリジナル版キャストであるキーファー・サザーランドも出演している。

あらすじ:人は死んだらどうなるのかという興味を抑えられない医学生コートニー(エレン・ペイジ)は、ある臨死実験を仲間たちに提案する。それは彼女が自身の心臓を止め、1分後に蘇生させるというものだった。死後の世界を経験して生還を果たした彼女は、1度しか読んだことのない医学書の細かな部分を覚えていたり、急にピアノが弾けるようになったりと、驚異的な才能を発揮する。それを目の当たりにした仲間たちも実験に乗り出し、心臓の停止時間を延長していく。だが、7分を超えたときに……。

フラットライナーズ

映画短評

  • くれい響
    オリジナル好きなら優しい目で観れる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「パンドラの箱」を開けてしまった医学生を演じるのが、旬の若手俳優だったオリジナルに比べ、キャスティングの弱さが目立つ。とはいえ、オリジナルのファンを裏切るまさかの展開やJホラー要素など、『ミッション: 8ミニッツ』のベン・リプリーによる脚本は決して悪くない。もちろん、今度は教授として登場するキーファー・サザーランドのゲスト出演も嬉しいが、珍品『デッドマン・ダウン』に続く、ニールス・アルデン・オプレヴ監督の演出があまりに平坦すぎて、どうも乗り切れない。ただ、あまりにジョエル・シュマッカー監督を意識しすぎたか、ラストは『セント・エルモス・ファイヤー』になっているので、なんだかんだ許せてしまえる。

  • なかざわひでゆき
    ホラーエンターテインメント的な面白さの増したリメイク版
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ストーリーや設定に若干の変更は加えられているものの、基本プロットは’90年版とほぼ同じ。死後の世界に興味を持った医学生たちが、こっそりと臨死実験を行ったところ、次々と不可解な現象に見舞われていく。
     オリジナルに比べてストーリーのテンポは良く、心臓ドッキリのショックシーンも満載。映像技術の進化によって死後の世界や怪現象の描写も派手になった分、よりホラーエンターテインメント的な面白さは増した。
     ただし、演出も脚本も平坦で独創性に乏しい。果たしてリメイクをする意味はあったのか?との疑問も湧く。むしろ、当初伝えられたように続編として、プロットから新たに練り直した方が良かったかもしれない。

予告編・動画

医大生による禁断の臨死実験…映画『フラットライナーズ』予告編
臨死実験にのめり込んだ医学生を襲う恐怖…映画『フラットライナーズ』本編映像

» 『フラットライナーズ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

ポスター/チラシ

  • 映画『フラットライナーズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『フラットライナーズ』チラシ
    チラシ

キャスト

コートニー:
マーロー:
ジェイミー:
ウルフソン教授:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『フラットライナーズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • フラットライナーズ 評価と感想/医大生たちの失神ゲームの代償 from eigamanzaiの映画レビュー (2018年1月4日 16時13分)
    B級ホラー寄りのサスペンススリラー ☆3.5点 1990年にジュリア・ロバーツやケヴィン・ベーコンらが主演したジョエル・シュマッカー監督作のリメイクで、監督はニールス・アルデン・オプレヴ、主演にエレン・ペイジ、ディエゴ・ルナ、ニーナ・ドブレフ、共演にオリジナルキャストのキーファー・サザーランド 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) フラットライナーズ映画『フラットライナーズ』の作品情報:ジュリア・ロバーツやケヴィン・ベーコンらが出演した1990年代のサスペンスをリメイク。臨死実験に挑む医学生たちの&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ホラー映画「フラットライナーズ(Flatliners)」:あっちの世界を垣間見たエレン・ペイジ from えんたほ (2017年11月25日 10時46分)
    Tweet Follow me 全ての終わりの先には何がある? 世の中で、「死」について直接的に言及する事が許されているのは、医者や、一部の学者、そして宗教家くらいのものです。 人が、その人生を終えるという事は、それほどに厳格であり、ある種、絶対的な事象だからです。 そして、この世での命が有効期限を終えた後は、本当に自分という存在は消えてしまうのか?、あるいは、その先にも続きがあるのかは、古くから続く根源的な論争でもあります。 まぁ、死後の世界の実体が誰にも確認できないものなので、諸説紛々とするのは&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年12月18日の週の公開作品
  3. 『フラットライナーズ』