シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
女の一生
(C) TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAEL CROTTO) -AFFICHE NUITDECHINE
英題:
A WOMAN'S LIFE
製作年:
2016年
製作国:
フランス
日本公開:
2017年12月9日
(岩波ホールほか)
上映時間:
配給・提供:
ドマ / ミモザフィルムズ
製作:
TSプロダクションズ
後援:
在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
協力:
ユニフランス
カラー/スタンダード/ドルビーデジタル

見どころ:フランスの文豪ギイ・ド・モーパッサンの名作を実写化したドラマ。男爵家の一人娘として生まれた女性が、夫である子爵の不貞をきっかけに波乱の人生をたどるさまが描かれる。メガホンを取るのは『ティエリー・トグルドーの憂鬱』などのステファヌ・ブリゼ。『カミーユ、恋はふたたび』などのジュディット・シュムラ、『画家と庭師とカンパーニュ』などのジャン=ピエール・ダルッサンのほか、ヨランド・モロー、スワン・アルロー、ニナ・ミュリスらが出演している。

あらすじ:19世紀のノルマンディー。修道院の寄宿学校から両親や女中ロザリ(ニナ・ミュリス)のいる家に帰ってきたジャンヌ(ジュディット・シュムラ)は、近所に引っ越してきた子爵ジュリアン(スワン・アルロー)と付き合い、その後結婚する。ところが未婚のロザリが出産して、彼女とジュリアンが結婚前から関係を持っていたことが発覚する。ジャンヌは自身も子供を宿し、神父に諭されたこともあり、離婚を思いとどまる。やがて、息子の誕生で明るさを取り戻すが、友人である伯爵夫人(クロチルド・エム)とジュリアンの不倫が発覚する。

女の一生
(C) TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAEL CROTTO) -AFFICHE NUITDECHINE

映画短評

  • なかざわひでゆき
    自然主義文学の精神までもフィルムに焼き付けた傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     過去にも幾度となく映画化されてきた文豪モーパッサンの『女の一生』。しかし、これはかなりの異色作だ。さながら8ミリフィルムで撮影されたような映像は、ドキュメンタリー風というよりもほぼホームビデオである。人工照明など使わず、セットや衣装も一切美化せず、カメラも演技も即興性を重視。まるで18世紀のフランスにタイムスリップしたかのようなリアリズムで、ヒロインの苦難に満ちた半生が克明に記録されてくのだ。
     ただ単に原作のストーリーを再現するだけでなく、自然主義文学の精神そのものまでフィルムに焼き付けることによって、時を超えた人間の普遍的な生の営みが鮮やかに浮かび上がる。これぞまさに究極の文芸映画だ。

予告編・動画

ジュディット・シュムラ、ジャン=ピエール・ダルッサンら出演!映画『女の一生』予告編

» 『女の一生』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAEL CROTTO) -AFFICHE NUITDECHINE

ポスター/チラシ

  • 映画『女の一生』ポスター
    ポスター

キャスト

男爵(ジャンヌの父):
男爵夫人(ジャンヌの母):
ジュリアン:
ロザリ:
フールヴィル伯爵夫人:
フールヴィル伯爵:
リュディヴィーヌ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『女の一生』の映画ニュース

  • 女優の桐谷美玲にとって2年ぶりの主演映画となる『リベンジgirl』(12月23日公開)に、ドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS)で“ゲス不倫男”有島を演じて反響を呼んだ俳...わず選挙に出る動機にもあきれているが、彼女の一生懸命でひたむきな姿に心をひらいていくとい...
  • 1月からデヴィッド・ボウイの訃報が世界中を駆け巡った2016年。アカデミー賞の授賞式では前年に亡くなった映画人を追悼するコーナー「In Memoriam」が設けられているが、20...2)監督、脚本家、批評家 『恋ざんげ』『女の一生』 ・バート・クウォーク(85)俳優 『ピン...
  • 宮崎駿、高畑勲ら不世出のクリエイターたちが築き上げてきたスタジオジブリの世界観に、ヨーロッパの新たな息吹が注ぎ込まれた。最新作『レッドタートル ある島の物語』は、...化して考えれば、前作の『岸辺のふたり』が女の一生なら、本作は男の一生、という捉え方もでき...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年12月4日の週の公開作品
  3. 『女の一生』