シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

シェイプ・オブ・ウォーター

公式サイト:http://shapeofwater.jp
シェイプ・オブ・ウォーター
(C) 2017 Twentieth Century Fox
英題:
THE SHAPE OF WATER
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年3月1日
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
提供:
フォックスサーチライト・ピクチャーズ
制作:
ダブル・デア・ユー
カラー

見どころ:『パンズ・ラビリンス』などのギレルモ・デル・トロ監督が異種間の愛を描き、第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたファンタジー。米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせる。『ハッピー・ゴー・ラッキー』などのサリー・ホーキンスが主演し、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』などのオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』などのリチャード・ジェンキンス、『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』などのマイケル・シャノンらが共演。

あらすじ:1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹(ひ)かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており……。

シェイプ・オブ・ウォーター
(C) 2017 Twentieth Century Fox

映画短評

  • くれい響
    今夜、オルフェウム劇場で
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    単なるデル・トロ版『スプラッシュ』×『アメリ』にあらず。もし、『大アマゾンの半魚人』の「半魚人とヒロインが結ばれていたら?」という発想から始まっているが、デル・トロが『パシリム』続編の監督を蹴ってまで、全力投球したかったのも納得できる渾身の一作である。“ロマンス劇場”どころじゃない異形とのラブストーリーにして、政治サスペンスであり、ときに引くぐらいの艶笑コメディ。どの役者も巧すぎて、どのキャラも愛らしく見えてくるのは、いかがなものか。『砂漠の女王』など、サラリとトランプ批判もあったりと、軽く『パンズ・ラビリンス』を超えただけでなく、“ジャンル映画の向こう側”に行ってしまった感もある。

  • 山縣みどり
    ギレルモ自身が《僕の最高傑作》と言い切るラブストーリー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ギレルモ・デル・トロ監督は出演オファーの際に「魚と寝る女性の物語」と説明したというし、確かにその通り。でも綿密に組み立てたキャラクター設定や時代背景、色調設計が複雑なドラマを生み、とてもロマンティックでスイートなラブストーリーに仕上がった。まさにギレルモ・マジック! そして監督の“好き”を盛り込むことでほのかなユーモアが醸し出され、冷戦下の不穏な空気のなかで愛を育む異質とみなされる男女の姿に見る人全てが共感するだろう。主演のサリー・ホーキンスはじめ、役者全員が当て書きなのも納得の好演を披露する。人種差別を助長し、分断が広がるトランプ政権にノーをつきつけたという意味でも、今見るべき作品だ。

  • 平沢 薫
    愛が水のように形を変えながら満ちていく
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ヒロインが、彼女が出会った不思議な生き物を愛する理由を手話で表現するとき、それがズシンと腑に落ちる。そうなのだ、これまでもデル・トロ映画ではずっと、モンスターなのは人間で、どこかが周囲と違う者たちはみな純粋だった。生まれつき声を出すことができないヒロインが、自分の愛するものの命を救うことを決意する。すると、彼女同様どこか異なる部分のある人々が、彼女に協力していく。そういう物語が描かれていく世界は常に、今回は少し緑が強い、いつものデル・トロの青緑色に覆われていて、まるで水の中のようにも見える。その薄暗りの中で、モノクロのミュージカル映画流の古風なロマンチシズムが、ほのかな光を放つ。

  • 森 直人
    天才が全力を出している
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    観たら分かる、傑作やん!ってヤツです。息詰まるほどのエナジーに陶然。ギレルモ・デル・トロの「ありったけ」が詰まってる(全部乗せ、とまでは言わないが)。まだ出してなかったカードを加えつつ、特に『ヘルボーイ』と『パンズ・ラビリンス』が冷戦下(象徴的な1962年)を舞台に止揚された趣だ。

    改めて思うのは、トランプへの反撃として多様性やマイノリティ賛を謳う映画人の熱が本当に高揚していること。後年振り返ったら「時代のカラー」として認知されるだろう。デル・トロはメキシコ人としてのアイデンティティについてよく語るが、保守マッチョ白人の権化にも悲哀を宿らせ、役者の中ではM・シャノンが最も圧巻というのも凄い!

  • 斉藤 博昭
    無形文化財レベルの“非人間”演技。愛に理由なんていらない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    種族を超える、デル・トロ流「人魚姫」+「美女と野獣」なラブストーリー。何をおいても評価したいのは、半魚人になりきったダグ・ジョーンズだ(『パンズ・ラビリンス』の手のひら目玉怪人などの人!)。そのたたずまい、狂気がにじみ出る瞬間、ヒロインを慈しむ視線。キャリアが集大成されたマジカル演技に感動の涙。

    よき理解者のゲイの隣人にも温かい眼差しが注がれ、デル・トロ作品とは思えないゲイテイストの充満も、ちょっとした驚き。

    一点、不満を挙げるなら、ヒロインがなぜ恋におちたのか、やや説得力に欠けるところ。しかし、こうした不完全さも、デル・トロ作品の魅力。誰かを好きになるのに、理由はいらないのだから……。

  • 猿渡 由紀
    ギレルモ・デル・トロ以外には絶対に作れないオリジナルな映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     モンスター映画で、政治や社会についての映画で、ミュージカル。バイオレンスも笑いもあるが、基本の部分で、とても優しい。無理やりひとつのジャンルに収めるならば恋愛映画ということになるのだけれど、そこにも、ボーイミーツガール的な初々しい要素だけじゃなく、エロチックな要素もある。それらが見事にまとまっているのは、すべてギレルモ・デル・トロという人の世界観にあるものだから。口のきけない女性と不思議な生き物が言葉を交わさずに心を通わせていくのに、周囲の男たちがたくさん話しつつも理解しあえないというのも、興味深い。オリジナリティあふれる名作。

予告編・動画

ギレルモ・デル・トロ描く純粋な愛の世界『シェイプ・オブ・ウォーター』予告編
水は愛の象徴!ギレルモ・デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』インタビュー
異形を演じた名優が語る『シェイプ・オブ・ウォーター』特別映像
斎藤工&板谷由夏が『グレイテスト・ショーマン』など2月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『シェイプ・オブ・ウォーター』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2017 Twentieth Century Fox

ポスター/チラシ

  • 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』ポスター
    ポスター
  • 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』ポスター
    ポスター
  • 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』チラシ
    チラシ
  • 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』チラシ
    チラシ

キャスト

ストリックランド:
不思議な生きもの:
ホフステトラー博士:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シェイプ・オブ・ウォーター』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月26日の週の公開作品
  3. 『シェイプ・オブ・ウォーター』