シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
女は二度決断する
(C) 2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
英題:
IN THE FADE
製作年:
2017年
製作国:
ドイツ
日本公開:
2018年4月14日
(ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
カラー

見どころ:『そして、私たちは愛に帰る』などのファティ・アキン監督と『戦場のアリア』などのダイアン・クルーガーが組んだ人間ドラマ。突然愛する夫と息子を失った主人公の苦難の日々を映し出す。『顔のないヒトラーたち』などのヨハネス・クリシュや『白いリボン』などのウルリッヒ・トゥクールらが共演。ダイアンは本作で、第70回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞した。

あらすじ:ドイツのハンブルクで暮らすドイツ人のカティヤとトルコ移民のヌーリは、晴れてゴールインする。以前は麻薬の売買に関わっていた夫も結婚後はまじめに働き、息子にも恵まれて一家は幸せに暮らしていた。しかし、ヌーリの勤務先の前で爆発が起き、彼と息子が命を落とす。それがドイツ人によるテロだと知ったカティヤは……。

女は二度決断する
(C) 2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

映画短評

  • 清水 節
    「眼には眼を」を乗り越え憎しみの連鎖を断ち切るひとつの可能性
    ★★★★
    »読む«閉じる

     むごたらしい爆破テロで夫と子を奪われたヒロイン。法は犯人を裁けなかった。怒りと悲しみの矛先はどこに向かえばいいのか。選択肢はいくつもあった。上告する、自分を誤魔化して生きる、命を絶って苦しみから逃れる、犯人を殺し溜飲を下ろす、さらに…。ヒロインが辿り着いたひとつの答えを、倫理的に許されないとジャッジすることは容易だが、それでは、「眼には眼を」を乗り越え、繰り返される憎しみを自らの手で断ち切ろうと苦悩した心の旅を、何も観ていなかったことになる。容認できないまでも深く理解できるのは、負の情念に苛まれたことがある証か。彼女の決断には、理性か感情かという表層的な二元論を超えた、境地と可能性がある。

  • 山縣みどり
    是非を問う決断、見る人の受け止め方が知りたい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    移民をめぐる軋轢に端を発する人間ドラマでいちばん驚いたのが、完全無欠な有罪を求めるドイツ法廷のありかた。トルコ移民である被害者の過去や家族を失ったカティヤの悲しみを紛らわす行為をネチネチと責めるのは定番としても、捏造された証拠を “完全に嘘と言い切れない”との理由で採用するとは!? ヒロインに肩入れする観客に「正義はどこに?」と思わせる狙いだろうが、法律が機能しない場合には被害者遺族はどこに怒りや悲しみをぶつければいいのかと考えさせられた。誰だって人生でいろいろな決断をするわけで、是非を問うカティヤの決断を見た人自身がどう受け止めるかにも興味ある。ダイアン・クルーガーの熱演が光る。

  • 森 直人
    主題(と感情)を丸ごと抱えて、定型の向こう側へ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ファティ・アキンが初期に扱っていたドイツにおけるトルコ系移民の問題に再び旋回した。同時に世界像は刷新されており、この監督には毎回本当に驚かされる。モチーフは極右組織NSUの連続テロ殺人事件。主題は監督も名言している通り「復讐」だ。それは法廷なのか、『狼よさらば』式の私刑なのか?

    ネタバレという軽い言葉が似合わぬ映画だが、事前情報は最小限に。これは「復讐」という行為に無邪気ではいられない時代の傑作。答えや浄化ではなく、問いをさらに深化させて観客に突き返す。映画が終わった後、我々現実の問題が始まる。音楽はジョシュ・オムで、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジほか既成曲の使い方も相変わらず巧み。

  • 猿渡 由紀
    現代のヘイト問題を描く、絶望的に辛いスリラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    自らもトルコ系ドイツ人であるファティ・アキン監督は、「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」などで、ドイツに生きるトルコ系の人々を描いてきた。ネオナチによるテロを発端にするこのスリラーは、とりわけ暗く、救いようがないくらい辛い作品だ。ファティは、近年、ドイツで、ドイツ以外の血筋の人々を狙ったテロが多発している事実に想を得てこの物語を書いたという。トランプのアメリカやイギリスのEU離脱など、ナショナリズムの高まりに多くが不安を抱える今だけに、不安を新たにさせられ、絶望的な気持ちにもなった。愛する夫と息子を無意味な暴力のせいで失った主人公を、ダイアン・クルーガーが名演する。

予告編・動画

世界三大映画祭制覇のファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』予告編
ダイアン・クルーガーの演技は憑依!映画『女は二度決断する』小島秀夫監督&ダイアン・クルーガー&ファティ・アキン監督 インタビュー

» 『女は二度決断する』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) 2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

ポスター/チラシ

  • 映画『女は二度決断する』ポスター
    ポスター
  • 映画『女は二度決断する』チラシ
    チラシ
  • 映画『女は二度決断する』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『女は二度決断する』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ダニーロ:
ハーバーベック:
ユルゲン・メラー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『女は二度決断する』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年4月9日の週の公開作品
  3. 『女は二度決断する』