シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
息衝く
(C) teamJUDAS2017
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2018年2月24日
(ポレポレ東中野ほか)
上映時間:
製作・配給:
team JUDAS 2017
DCP / 16:9

見どころ:『へばの』『愛のゆくえ(仮)』などの木村文洋が監督を務めた社会派ドラマ。東日本大震災以降の日本を舞台に、新興宗教団体の二世・三世信者の男女の姿を映し出す。物語の中心となる男女3人を、『知らない町』などの柳沢茂樹、『KOKORO』などの長尾奈奈、『At the terrace テラスにて』などの古屋隆太が演じる。木村知貴、齋藤徳一、川瀬陽太、坂本容志枝、小宮孝泰、寺十吾らが共演。

あらすじ:東日本大震災から数年後の東京。政権与党の政治団体であり新興宗教団体でもある「種子の会」信者の則夫(柳沢茂樹)と大和(古屋隆太)は、種子の会青年幹部で国会議員となった森山(寺十吾)の失踪後、何年かぶりに選挙に呼び戻される。則夫と大和、そして種子の会を離れて母親となった慈(長尾奈奈)は森山に会いにいくことにする。

息衝く
(C) teamJUDAS2017

映画短評

  • 森 直人
    明らかに力作、真摯な熱作
    ★★★★
    »読む«閉じる

    世間からはカルト視もされるゴリゴリ左派のアングルから、震災後の日本社会の位相をじっくり見据えようとする試み。青臭い、といなす向きもあるかもしれないが、「加齢した若者」が抱える鬱屈は現代の成熟を考えるうえで重要な主題の一つだろう。映画の作りはごつごつして生硬だが、そこにも作り手の生理、血肉が通っている気がする。

    キャラクターとして強いのは失踪して隠遁生活を送っている元教祖の「森山さん」(寺十吾)。この人のやたら人懐っこく、独善的で説教好き、他者に対してアメとムチを本能的に使い分けるプチカリスマ感は非常にリアルだと思った。彼の登場からエンディングに向けては特に異様な迫力が漲り、余韻も深い。

予告編・動画

『愛のゆくえ(仮)』などの木村文洋監督作!映画『息衝く』予告編

» 『息衝く』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012

(C) teamJUDAS2017

ポスター/チラシ

  • 映画『息衝く』チラシ
    チラシ
  • 映画『息衝く』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・プロデューサー:
脚本・プロデューサー: 桑原広考 / 中植きさら
脚本: 杉田俊介 / 兼沢晋
撮影: 高橋和博
撮影・照明: 俵謙太
録音: 近藤崇生
助監督: 遠藤晶
編集: 上田茂
音楽: 北村早樹子
録音・ミックス: 葛西敏彦
宣伝美術: 大橋祐介
配給協力: 岩井秀世
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月19日の週の公開作品
  3. 『息衝く』