シネマトゥデイ

千里眼(CICADA) (2014)

2018年2月17日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
千里眼(CICADA)
(C) BIOLA FILMS / SWITCH

見どころ

アメリカ・バイオラ大学の「Cinema and Media Arts」のカリキュラムの一環として作られた群像劇。ある小学校教師を中心に、いじめを解決しようと奔走する大人たちの人間模様を描く。『リップヴァンウィンクルの花嫁』などの佐生有語、『予兆 散歩する侵略者 劇場版』などの安井順平らが出演。短編『自転車』の脚本家・渋谷悠とディーン・ヤマダ監督が再び組んだ。

あらすじ

小学校教師の種田淳平は無精子症と診断されたが、結婚を考える恋人に打ち明けられずにいた。ある日、彼は自身を導くかのような映像が断片的に見える能力を手に入れる。同じころ、小学4年生のおいの亮太が学校でいじめられていることを知り、種田や亮太の両親、担任ら周囲の大人たちは亮太の誕生会を計画するが……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
脚本・プロデュース
音楽
プロデューサー

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • アイスクライム
カラー
(池袋HUMAXシネマズ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]