シネマトゥデイ

Cu-bop across the border (2018)

2018年3月18日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

2015年に公開された音楽ドキュメンタリー『Cu-bop(キューバップ) CUBA~New York music documentary』の世界公開版。キューバのミュージシャンに密着した過去の映像に、その後のキューバとアメリカの社会情勢なども盛り込んで再構築した。キューバのサックス奏者セサル・ロペス、ピアニストのアクセル・トスカらが出演。前作に引き続き高橋慎一が監督を務める。

あらすじ

日本人がキューバ音楽のCD制作を手掛ける「Kamita Label」は2000年に設立され、やがてキューバ国内でも主要な音楽賞にノミネートされるまでに成長した。近年、キューバ音楽を取り巻く状況もミュージシャンの日常も様変わりする中、サックス奏者のセサル・ロペスは国内に留まり、ピアニストのアクセル・トスカはアメリカへ移住する。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本/キューバ
配給
  • ぴあ
製作
  • Kamita Label
カラー
(シネマート新宿)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]