シネマトゥデイ

馬の骨 (2018)

2018年6月2日公開 91分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

有名なテレビ番組に出演したことのある男と、平成生まれのアイドルの交流を描くコメディー。夢を投げ出し鬱屈した日々を過ごす男を演じた桐生コウジが監督も担当し、自身の体験を基に心温まる物語に仕上げた。主演をドラマ「明日の光をつかめ2」などの小島藤子が務め、歌や踊りに加えてギターの弾き語りにも挑戦。さらに音楽評論家の萩原健太、元たまの石川浩司が本人役で出演している。

あらすじ

伝説のテレビ番組「三宅裕司のいかすバンド天国」への出演を過去の栄光として引きずる元バンドマンの工事作業員・熊田(桐生コウジ)は、作業現場でトラブルを起こしてクビになる。社員寮を追い出され家賃の安いシェアハウスに転がり込んだ彼は、住人たちに職業を音楽関係と偽ったため、シンガー・ソングライターを目指すアイドルのユカ(小島藤子)から激しいアプローチを受ける。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
製作・配給
  • オフィス桐生
カラー/DCP/アメリカンビスタサイズ/5.1ch
(テアトル新宿ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]