シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
枝葉のこと
(C) Kurinke
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2018年5月12日
(シアター・イメージフォーラム)
上映時間:
製作・配給:
九輪家
カラー/DCP

見どころ:『魅力の人間』で第34回ぴあフィルムフェスティバルの準グランプリを受賞した二ノ宮隆太郎監督作。幼少期に母親代わりだった女性の死期が迫っていることを知った青年の数日間を映す。二ノ宮監督のほか、矢島康美、松本大樹、木村知貴、廣瀬祐樹、三好悠生、新井郁らが出演。二ノ宮監督の実体験を基に描かれている。

あらすじ:自動車整備工場勤務の隆太郎は、無気力で心を閉ざしており、周りから変人だと思われていた。ある日、6歳で母と死別した自分の面倒を見てくれた幼なじみの母親の龍子が、肝臓がんで余命数日であることを知らされる。隆太郎は7年前から病気のことを知っていたが、一度も見舞いに行っておらず……。

枝葉のこと
(C) Kurinke

映画短評

  • 森 直人
    たぶん今年の映画でいちばんゴロッと生々しい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『魅力の人間』でPFFアワード2012準グランプリ。あれから何年だよ! 異能・二ノ宮隆太郎がようやく渾身の長編を撮った。推薦コメントで山下敦弘監督が「初期・北野武映画」を例に出しているが、本当にそう。あの歩行のリズム。ザキヤマ系の本人を映しているだけで、音楽一切なしの画面がこれだけ持つのは驚異的。

    「重さ」を中心に、「軽さ」は脇に(クズな会話は相変わらず秀逸)。優しい不肖の放蕩息子にして、まだ終わっていない労働者にして、ある無名作家の鬱屈は、苛立ちの青春を過ごした者なら痛いほど染みるに違いない。不器用が反転した乱暴さと、面倒臭いほどの繊細さで、極私的な焦燥からひとつの普遍にタッチしている。

予告編・動画

映画『枝葉のこと』予告編

» 『枝葉のこと』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011

(C) Kurinke

ポスター/チラシ

  • 映画『枝葉のこと』ポスター
    ポスター
  • 映画『枝葉のこと』チラシ
    チラシ
  • 映画『枝葉のこと』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・編集:
撮影・照明: 四宮秀俊
録音・整音: 根本飛鳥
助監督: 平波亘
プロデューサー: 鈴木徳至
制作: 香月綾
監督助手: 松谷嶺
撮影助手: 上川雄介
ヘアメイク: 寺沢ルミ
スチール: 松沢颯太
製作: 塗本龍子
配給協力: 岩井秀世
宣伝デザイン: 寺澤圭太郎

キャスト

二ノ宮隆太郎:
塗本龍子:
塗本裕佑:
志村勇:
水野渉:
橋下浩三:
秋山未来:
平川千尋:
神田幸一:
二ノ宮良子:
塗本浩史:
二ノ宮哲夫:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『枝葉のこと』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年5月7日の週の公開作品
  3. 『枝葉のこと』