審判 (2018)

2018年6月30日公開 118分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
審判
(C) 100 Meter Films 2018

見どころ

「変身」「城」などで知られる作家フランツ・カフカの代表作を、東京に舞台を移して映像化したドラマ。銀行員として平凡な生活を送っていた男が、はっきりしない罪で逮捕され裁判にかけられるさまを映す。メガホンを取るのは『SADO TEMPEST』などのジョン・ウィリアムズ。『新・SとM 劇場版』などのにわつとむ、『砂をつかんで立ち上がれ』などの常石梨乃、『鶴彬 こころの軌跡』などの高橋長英らが出演。

あらすじ

自分の部屋で寝ていた銀行員の木村(にわつとむ)が目覚めると、そこには小倉(田邉淳一)と相馬(工藤雄作)という見知らぬ男たちがいた。逮捕を告げにきたと説明を受けたが、その罪状はあいまいだった。勝手に部屋を捜索する彼らを残して出勤し帰宅した後、小倉たちが隣人の鈴木(常石梨乃)に聞き込みをしていたことがわかり、さらに逮捕状が郵便で届けられる。日曜日、木村は郊外の学校の体育館に設置された法廷に出向く。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
音楽
原作
プロデューサー
撮影
照明
録音
美術
編集
音響効果
監督補
助監督
ヘアメイク
衣装
制作担当

映画詳細データ

製作国
日本
配給・製作
  • 百米映画社
後援
  • 上智大学ヨーロッパ研究所
  • 日独協会
カラー/アメリカンビスタサイズ/5.1ch
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]