シネマトゥデイ

かぞくわり (2018)

2019年1月19日公開 129分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

さまざまな肩書を持っていた作家・折口信夫の著書「死者の書」から着想を得たドラマ。奈良県を舞台に、同地の伝説に登場する姫の生まれ変わりである女性を主人公に、家族の在り方を描く。監督は『茜色の約束 サンバDo金魚』などの塩崎祥平。ドラマ「あぽやん~走る国際空港」などの陽月華、『サバイバルファミリー』などの小日向文世、『聖の青春』などのの竹下景子らが出演する。

あらすじ

長い歴史を持つ奈良の寺にまつられている曼荼羅を、たった一晩で織り上げたと伝えられている姫の生まれ変わりである38歳の香奈(陽月華)は、画家になる夢を父(小日向文世)と母(竹下景子)に強く反対されて以来、就職できずに実家で生活していた。しかし、出戻りしてきた妹・暁美(佃井皆美)にそんな生き方を否定されてしまう。ある日、謎めいた青年が香奈の前に現れて彼女を画家の道へと導こうとする。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
製作
  • 「かぞくわり」LLP
カラー/ビスタサイズ/5.1ch
(有楽町スバル座ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]