シネマトゥデイ

世界で一番ゴッホを描いた男 (2016)

2018年10月20日公開 84分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
世界で一番ゴッホを描いた男
(C) Century Image Media (China)

見どころ

中国のベテラン複製画家がゴッホ美術館を目指す姿を映したドキュメンタリー。複製画制作が盛んな中国の“油画村”に出稼ぎに来て以来、ゴッホを描きながらも本物を見たことがなかった男が、美術館のあるアムステルダムを訪れる。監督を務めるのはユー・ハイボーと娘のキキ・ティアンキ・ユー。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017のコンペティション長編部門で監督賞を受賞した。

あらすじ

中国の湖南省出身のチャオ・シャオヨンさんは、1996年、大芬(ダーフェン)に出稼ぎにやって来る。そこではゴッホなど有名画家の複製画を作ることが産業として成り立っていた。彼は、初めてゴッホの絵画と出会い、独学で油絵の描き方を勉強して、およそ20年にわたって狭い工房でゴッホの複製画を描き続けてきたが、本物を目にしたことは一度もなかった。

[PR]

映画詳細データ

英題
CHINA’S VAN GOGHS
製作国
中国/オランダ
提供
  • アルカディア・パートナー
  • A-pock
配給
  • アーク・フィルムズ
  • スターキャット
協力
  • 朝日新聞
16:9
(新宿シネマカリテ、伏見ミリオン座ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]