シネマトゥデイ

あまねき旋律(しらべ) (2017)

2018年10月公開 83分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あまねき旋律(しらべ)
(C) the u-ra-mi-li project

見どころ

インドの農村で語り継がれてきた歌をめぐる音楽ドキュメンタリー。急斜面に作られた棚田の風景や季節の移ろい、村人たちの生活や農作業の一部始終を淡々と映す。共同で監督を務めたのは、インド南部出身のアヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマール。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の「アジア千波万波」部門で奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞したほか、世界各地の映画祭で上映された。

あらすじ

ミャンマーとの国境近くにあるインド東北部・ナガランド州に住む村人たちは、棚田の準備、苗木植え、穀物の収穫と運搬などの作業中に、いつも歌を歌っている。季節や友愛など生活の全てを歌で表現し、一人が歌うとそれに呼応するかのように周囲も歌い始める。男女一緒になって掛け合いながら歌われる歌は、「リ」と呼ばれていた。

[PR]

映画詳細データ

英題
UP DOWN & SIDEWAYS
製作国
インド
製作
  • ウ・ラ・ミ・リ プロジェクト
配給
  • ノンデライコ
16:9/カラー
(ポレポレ東中野)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]