シネマトゥデイ

バスキア、10代最後のとき (2017)

2018年12月公開 79分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バスキア、10代最後のとき
Photo by Bobby Grossman (C) 2017 Hells Kitten Productions, LLC. All rights reserved. LICENSED by The Match Factory 2018 ALL RIGHTS RESERVED Licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan

見どころ

ニューヨークの路上生活者から20世紀を代表するアーティストになったジャン・ミシェル=バスキアのドキュメンタリー。1970年代から1980年代のニューヨークのムーブメントが彼の活動に与えた影響に迫る。監督は『豚が飛ぶとき』などのサラ・ドライヴァー。ミュージシャンのファブ・5・フレディや『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュ監督らが出演する。

あらすじ

1978年のニューヨーク。18歳のジャン・ミシェル=バスキアは、イースト・ビレッジの路上で生活しながら、友人の家のソファで寝る毎日を送っていた。政治、人種問題、音楽、ファッション、文学、アートなどが彼の心を動かし、触発する。

[PR]

映画詳細データ

英題
BOOM FOR REAL: THE LATE TEENAGE YEARS OF JEAN-MICHEL BASQUIAT
製作国
アメリカ
配給
  • セテラ・インターナショナル
提供
  • バップ
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]