METライブビューイング2006-07/チャイコスフキー《エフゲニー・オネーギン》 (2007)

2007年公開 193分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
METライブビューイング2006-07/チャイコスフキー《エフゲニー・オネーギン》

見どころ

2007年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場で上演されたチャイコフスキー作曲のオペラを映像化。ロシアの文豪プーシキンの小説を原作に、友人を殺害したオネーギンとヒロインのタチアーナの愛の行方が描かれる。タチアーナを演じるのは、現代を代表するソプラノ歌手のルネ・フレミング。指揮をワレリー・ゲルギエフ、演出をロバート・カーセンが担当した。

あらすじ

田園地方の地主の娘タチアーナ(ルネ・フレミング)は、妹の婚約者レンスキーの友人で社交界の有名人のオネーギンに心を奪われるが、オネーギンはタチアーナの気持ちをないがしろにする。ある日オネーギンはレンスキーと決闘になり、彼を殺してしまう。数年後、オネーギンは公爵夫人となったタチアーナと再会し、彼女に惹(ひ)かれる。

[PR]

映画詳細データ

製作国
アメリカ
配給
  • 松竹
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]