どなたでもご覧になれます

未来を乗り換えた男 (2018)

2019年1月12日公開 102分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
未来を乗り換えた男
(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema

見どころ

『東ベルリンから来た女』などのクリスティアン・ペッツォルト監督が、アンナ・ゼーガースの小説「トランジット」を原作に描くサスペンス。舞台を1940年代から現代に移し、ユダヤ人迫害と現代の難民問題を重ね合わせ男女の恋の行方を映し出す。主人公を『ハッピーエンド』などのフランツ・ロゴフスキ、ヒロインを『婚約者の友人』などのパウラ・ベーアが演じる。

あらすじ

元レジスタンスのゲオルク(フランツ・ロゴフスキ)は、祖国のドイツを席巻するファシズムから逃れてパリ経由でマルセイユに到着する。彼はパリのホテルで自殺を図った亡命作家のヴァイデルに成り済まして海路でのメキシコ行きを企てる。そんなとき、懸命に人を捜しているマリー(パウラ・ベーア)と出会い、心惹(ひ)かれる。

[PR]

映画詳細データ

英題
TRANSIT
製作国
ドイツ/フランス
協力
  • ゲーテ・インスティトゥート東京
提供
  • ニューセレクト
配給
  • アルバトロス・フィルム
カラー/デジタル5.1ch/シネマスコープ
(ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

本国版ビジュアル・ポストカード
本国版ビジュアル・ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]