どなたでもご覧になれます

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018 / 19/ロイヤル・バレエ 「ラ・バヤデール」 (2018)

2019年1月18日公開 198分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018 / 19/ロイヤル・バレエ 「ラ・バヤデール」
(C) ROH Tristram Kenton

見どころ

名門歌劇場ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたバレエ「ラ・バヤデール」を映像化。古代インドを舞台に、激しい恋模様が展開する。マリアネラ・ヌニェス、ナタリア・オシポワ、ワディム・ムンタギロフをはじめ、アクリ瑠嘉、金子扶生、高田茜らが出演。マリウス・プティパが振付、ボリス・グルージンが指揮を担当した。

あらすじ

古代インド。神殿の舞姫ニキヤ(マリアネラ・ヌニェス)と戦士ソロル(ワディム・ムンタギロフ)は永遠の愛を誓うが、国王のラジャ(トーマス・ホワイトヘッド)は娘のガムザッティ(ナタリア・オシポワ)とソロルの結婚を決める。ソロルは、ガムザッティの美しさに抗えず、誓いを忘れ結婚を承諾してしまう。ラジャは、ニキヤに恋する大僧正ハイ・ブラーミン(ギャリー・エイヴィス)からニキヤとソロルの関係を聞き、ニキヤを殺そうとする。

[PR]

映画詳細データ

製作国
イギリス
配給
  • 東宝東和
技術
カラー
(TOHOシネマズ日比谷ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]