どなたでもご覧になれます

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018 / 19/ロイヤル・バレエ 「くるみ割り人形」 (2019)

2019年2月1日公開 160分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018 / 19/ロイヤル・バレエ 「くるみ割り人形」
(C) ROH. Photograph by Helen Maybanks

見どころ

イギリスのロイヤル・オペラ・ハウスの公演をスクリーンで上映するシリーズの1作で、クリスマスの物語を描くチャイコフスキー作曲のバレエを映像化。振付は1984年のピーター・ライト版で、ヒロインのクララたちの活躍が華やかな踊りで表現される。出演はギャリー・エイヴィス、アンナ・ローズ・オサリヴァン、マルセリーノ・サンベら。出演者のマリアネラ・ヌニェスのロイヤル・バレエ入団20周年を記念した短編『NELA』が幕間に上映される。

あらすじ

手品師で発明家のドロッセルマイヤー(ギャリー・エイヴィス)は、ねずみ退治のわなを発明する。するとねずみの女王が、彼のおいのハンス・ピーター(マルセリーノ・サンベ)を呪いでくるみ割り人形に変えてしまう。呪いを解く方法はくるみ割り人形がねずみの王を倒し、彼を愛する人と出会うことだった。そしてクリスマス、ドロッセルマイヤーはクララ(アンナ・ローズ・オサリヴァン)にくるみ割り人形を贈る。

[PR]

映画詳細データ

製作国
イギリス
配給
  • 東宝東和
カラー
(TOHOシネマズ日比谷ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]