希望の灯り (2018)

2019年4月5日公開 125分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
希望の灯り
(C) 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

見どころ

旧東ドイツを舞台に、社会の片隅で生きる人々を描いたヒューマンドラマ。スーパーで働く無口な青年を主人公に、互いを支え合う、悲しみや心の傷を抱える人々のささやかな幸せを映し出す。主人公を演じたのは、『未来を乗り換えた男』などのフランツ・ロゴフスキ。原作はクレメンス・マイヤーの短編「通路にて」。トーマス・シュトゥーバーが監督を務めた。

あらすじ

旧東ドイツのライプチヒ。27歳の無口な青年クリスティアン(フランツ・ロゴフスキ)は、スーパーマーケットの在庫管理係として働くことになる。仕事を教えてくれるブルーノ(ペーター・クルト)や魅力的な年上の女性のマリオン(ザンドラ・ヒュラー)ら職場の人たちは、親切だったが節度があった。

[PR]

映画詳細データ

製作国
ドイツ
配給
  • 彩プロ
協力
  • 朝日新聞
カラー/ヨーロピアンビスタサイズ/5.1ch
(Bunkamuraル・シネマほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

アンペルマンコースター(Bunkamuraル・シネマ限定)
アンペルマンコースター(Bunkamuraル・シネマ限定)
オリジナルポストカード
オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]