どなたでもご覧になれます

ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード (2017)

2018年12月15日公開 86分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード
(C) Here To Be Heard Limited 2017

見どころ

4人組女性ロックバンド「ザ・スリッツ」のドキュメンタリー。バンドが結成された1970年代から解散、各メンバーの活動、2005年の再結成、そしてボーカルのアリ・アップが逝去するまでを追う。監督はウィリアム・E・バッジリー。ザ・スリッツのメンバーに加え、Sex Pistols のポール・クック、The Raincoats のジーナ・パーチらが登場する。

あらすじ

1970年代半ば、ボーカルのアリ・アップを中心に「ザ・スリッツ」が結成される。1979年にデビューアルバム「カット」を発表し、女性だけというメンバー構成や鮮烈なサウンドで注目される。彼女たちは、セカンドアルバム「大地の音」をリリースしたのちに解散し、それぞれ違う道を歩む。

[PR]

映画詳細データ

英題
HERE TO BE HEARD: THE STORY OF THE SLITS
製作国
イギリス
提供
  • キングレコード
配給
  • ビーズインターナショナル
カラー
(新宿シネマカリテほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

非売品ステッカー
非売品ステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]