小学生には助言・指導が必要

Girl/ガール (2018)

2019年7月5日公開 105分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

第71回カンヌ国際映画祭でカメラドールなどを受賞した人間ドラマ。トランスジェンダーの主人公が葛藤しながら、バレリーナを目指して奮闘する。メガホンを取るのは、ベルギーのルーカス・ドン。自身もバレエスクールに通うダンサーで、映画初出演となるヴィクトール・ポルスターが主演を務め、『マリア・スクウォドフスカ=キュリー』などのアリエ・ワルトアルテらが共演した。

あらすじ

15歳のトランスジェンダー、ララ(ヴィクトール・ポルスター)は娘の夢を応援する父(アリエ・ワルトアルテ)に支えられ、バレリーナを目指して難関のバレエ学校への編入を果たす。それと同時にララが待ち望んでいたホルモン療法も始まるが、効果はなかなか現れなかった。それでも夢のためにバレエに没頭し、そのかいもあって先生の目も少しずつララに向けられるようになる。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

3

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
GIRL
製作国
ベルギー
提供・配給
  • クロックワークス
提供
  • STAR CHANNEL
  • テレビ東京
配給
  • STAR CHANNEL MOVIES
ポストプロダクション
  • Filmmore
  • WarnierPosta
共同製作会社
  • Frakas Productions
  • Topkapi Films
技術
カラー
(新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

オリジナルポストカード
オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]