主戦場 (2018)

2019年4月20日公開 122分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

論争の絶えない慰安婦問題を、ドキュメンタリー映像作家のミキ・デザキが多角的に検証したドキュメンタリー。それぞれの立場で論争の渦中にいる人々への取材や、膨大な量のニュース映像や記事の分析を交え、問題の裏側に隠されたカラクリに迫る。テキサス親父ことトニー・マラーノ、ジャーナリストの櫻井よしこ、タレントのケント・ギルバート、政治家の杉田水脈、歴史学者の吉見義明らがインタビューに応じた。

あらすじ

日韓関係に大きく影を落としている慰安婦問題。日系アメリカ人映像作家のミキ・デザキは、慰安婦たちは性奴隷だったのか、本当に強制連行はあったのか、なぜ元慰安婦たちの証言は二転三転するのか、日本政府の謝罪と法的責任などの疑問を検証するため政治家や歴史学者、ジャーナリストなどに取材を行う。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

3

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
SHUSENJO: The MAIN BATTLEGROUND OF THE COMFORT WOMEN ISSUE
製作国
アメリカ
配給
  • 東風
製作
  • ノーマン・プロダクションズ
アニメーション
  • 1K FILMS
技術
カラー/DCP
(シアター・イメージフォーラムほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]