ホフマニアダ ホフマンの物語 (2018)

2019年4月2日公開 72分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『チェブラーシカ』などのソユーズムリトフィルム・アニメーションスタジオが15年を費やして作った長編アニメーション。主人公のドイツの作家が、現実と空想世界を行き来する。監督はスタニスラフ・ソコロフ。人形たちを1コマずつ撮影するストップモーションで撮り上げた。

あらすじ

作家や作曲家として成功したエルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマンは、自身のこれまでの作品と人生を振り返る。彼がまだ若かったころは、ドイツの小さな町で裁判官見習いとして勤務しながら、間借りしていた屋根裏部屋で音楽家の夢を追っていた。昼間はつまらない仕事に振り回され、夜は家の近くの居酒屋に行き、その後創作活動に没頭した。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

[PR]

映画詳細データ

英題
HOFMANIADA
製作国
ロシア
配給
  • リスキット
協力
  • 太秦
  • T&Kテレフィルム
  • Stylab
制作
  • ソユーズムリトフィルム・アニメーションスタジオ
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]