歎異抄をひらく (2019)

2019年5月24日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
歎異抄をひらく
(C) 「歎異抄をひらく」映画製作委員会

見どころ

『なぜ生きる -蓮如上人と吉崎炎上-』に続くシリーズ第2弾として、親鸞の教えを説いた古典「歎異抄」を解釈した高森顕徹の書籍をアニメーション化。「歎異抄」を著したとされる唯円が、さまざまな人々との出会いを通じて成長する姿が描かれる。ドラマ「やすらぎの郷」など石坂浩二が親鸞、『KING OF PRISM』シリーズの仁科カヅキ役などで知られる増田俊樹が唯円の声を担当する。

あらすじ

1200年代初頭。貧しい農家に生まれた利発な平次郎は親鸞と出会い、唯円という名を授かる。京で仏教を学んでいた唯円は、友人が窮地に陥っていることを知るが、何もできないことに苦しむ。そして「全ての人間が悪人であり、救われるために条件はない」という親鸞の教えが解き明かされる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
原作
脚本
音響監督
音楽

映画詳細データ

製作国
日本
制作
  • パラダイス・カフェ
配給
  • キュー・テック
製作
  • 「歎異抄をひらく」映画製作委員会
技術
カラー
(シネマート新宿、角川シネマ有楽町ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]