ザ・レセプショニスト (2017)

2019年5月10日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ザ・レセプショニスト
(C) Uncanny Films Ltd

見どころ

本作で長編映画デビューした台湾出身のジェニー・ルーが監督を務め、アジア系移民の現実を描いた社会派ドラマ。自殺したジェニー・ルー監督の友人の実話を基に、性労働者として働く女性たちを映し出す。両親がアメリカ人と台湾人で、ドラマシリーズなどに出演してきたテレサ・デイリーらが出演。第1回熱海国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門でグランプリを受賞した。

あらすじ

ロンドンの不法風俗マッサージパーラーでは、客とアジア系の女性たちが家族のような関係を見せる。しかし金とセックスと暴力が全ての世界で、移民の女性たちはいつも危険と隣り合わせの生活を送っていた。ティナ(テレサ・デイリー)は、大学を卒業したが職に就くことができず、マッサージパーラーの受付で働くことになる。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督

映画詳細データ

英題
THE RECEPTIONIST
製作国
イギリス/台湾
配給
  • ガチンコ・フィルム
カラー
(イオンシネマ富士宮ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]