ブロードウェイ版 ロミオとジュリエット (2013)

2019年7月12日公開 135分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

シェイクスピアの代表作の一つである「ロミオとジュリエット」のブロードウェイ舞台版。敵対する家同士の二人が出会い、悲しい運命をたどる。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのオーランド・ブルーム、ドラマシリーズ「ビリオンズ」などのコンドーラ・ラシャドらが出演。ジーンズやキャップなどの衣装やバイクを使用するなど現代風のアレンジが施されている。

あらすじ

キャピュレット家とモンタギュー家は、長年にわたって激しい対立を続けていた。ある日、モンタギュー家の子息ロミオ(オーランド・ブルーム)とキャピュレット家の子女ジュリエット(コンドーラ・ラシャド)が出会い、強く惹(ひ)かれる。愛し合うことを禁じられる二人だったが、誰も彼らを止めることはできなかった。

[PR]

キャスト

スタッフ

演出
舞台美術
衣装デザイン
照明デザイン
オリジナル音楽・音響デザイン
舞台監督
カンパニーマネジャー
ゼネラルマネジャー
プロデューサー
映画監督

映画詳細データ

英題
ROMEO AND JULIET
製作国
アメリカ
配給
  • 松竹
(東劇、なんばパークスシネマ、ミッドランドスクエアシネマほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]