アートのお値段 (2018)

2019年8月17日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』などのナサニエル・カーンが監督を務めた、アート市場の実態に踏み込んだドキュメンタリー。アーティストやコレクター、美術商、評論家らの意見からアートとお金の関係を探ると同時に、アートの価値とは何かを問う。自身の作品が9,000万ドルを超える額で落札されたジェフ・クーンズをはじめ、ラリー・プーンズら芸術家たちが出演する。

あらすじ

世界的に有名なサザビーズのオークションを6週間後に控え、アート業界はいつにも増して騒がしくなる。現代アート作品の値段は上がり、評論家はバブルのような状況を嘆く。一方アーティストたちは、創作と評価の間で葛藤していた。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE PRICE OF EVERYTHING
製作国
アメリカ
配給
  • ユーロスペース
技術
DCP/カラー
(ユーロスペースほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]