太陽がほしい 劇場版 (2018)

2019年8月3日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『チョンおばさんのクニ』『ガイサンシー(蓋山西)とその姉妹たち』などの班忠義監督が、中国における戦時性暴力の問題を取り上げたドキュメンタリー。中国人女性被害者や、元日本兵と彼らの手下だったという中国人男性たちの証言を交えながら、戦時中の性暴力の実態を映し出す。万愛花さんや尹林香さんら亡くなった被害者らに加え、山本泉さんや松本栄好さんら元日本兵たちの証言を収録。

あらすじ

1992年、日本に留学中の班忠義監督は、ニュース番組で初めて中国での戦時性暴力のことを知りショックを受ける。彼は万愛花さんという中国人女性が参加する集会に出席し、3年後の1995年から被害女性たちを訪ねて証言を得る。やがて班監督は心身共に病んだ彼女たちを救済するため、多くの日本人と一緒に支援の会を立ち上げる。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

[PR]

映画詳細データ

製作国
中国/日本
製作
  • 彩虹プロダクション
後援
  • ドキュメンタリー映画舎「人間の手」
  • 中国人元「慰安婦」を支援する会
配給
  • 「太陽がほしい」を広める会
技術
カラー/BD
(アップリンク渋谷、シネ・ヌーヴォー、シネマスコーレほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]