METライブビューイング2019-20/ガーシュウィン《ポーギーとベス》 (2020)

2020年4月3日公開 220分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
METライブビューイング2019-20/ガーシュウィン《ポーギーとベス》
(C) Paola Kudacki / Metropolitan Opera

見どころ

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の公演を映画館で上映する企画の一作で、作曲家ガーシュウィンのオペラを映像化。アメリカ南部のスラム街で生きる黒人たちの人間模様が、「サマータイム」などの名曲にのせて映し出される。演出をジェイムズ・ロビンソン、指揮をデイヴィッド・ロバートソンが担当。エリック・オーウェンズ、エンジェル・ブルー、ゴルダ・シュルツらが出演。

あらすじ

1920年代のチャールストンの黒人集落。賭博でいざこざを起こし仲間を殺害したならず者のクラウンは、情婦のベス(エンジェル・ブルー)を置き去りにして逃げる。以前からベスに思いを寄せていた足の不自由なポーギー(エリック・オーウェンズ)は彼女をかくまい、やがて二人は恋仲になる。ある日、ベスを連れ戻そうと忍び込んだクラウンに気付いたポーギーは、乱闘の末にクラウンを殺してしまう。

[PR]

映画詳細データ

製作国
アメリカ
配給
  • 松竹
技術
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]