ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊 (2019)

2019年8月30日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊
(C) 2018 Cielo Tate Island, LLC

見どころ

1969年に、カルト集団に残虐な殺され方をした女優シャロン・テートの最期の日々に迫る衝撃作。『悪魔の棲む家 REBORN』などのダニエル・ファランズが監督を務め、無惨な事件のてん末を映し出す。ヒロインを『ヒラリー・ダフ in 恋する彼女はスーパースター』などのヒラリー・ダフが演じ、『リムジン ~余命60分~』などのジョナサン・ベネットらが共演。

あらすじ

1969年8月、26歳の女優シャロン・テート(ヒラリー・ダフ)は、ロサンゼルス・シエロ・ドライヴ10050番地にあるモダンな邸宅に引っ越してくる。映画監督のロマン・ポランスキーと結婚し、妊娠8か月の彼女は幸せに満ちあふれていた。夫は仕事でロンドンに行っており、家にはポランスキー監督の友人ヴォイテック・フライコウスキー、アビゲイル・フォルジャー、シャロンの元婚約者でヘアスタイリストのジェイ・セブリングがいた。

[PR]

映画詳細データ

英題
THE HAUNTING OF SHARON TATE
製作国
アメリカ
配給
  • オープンセサミ
  • フルモテルモ
技術
カラー
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]