15歳以上がご覧になれます

脳天パラダイス

2020年公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『ロビンソンの庭』『ジャンクフード』などの山本政志監督がメガホンを取った異色作。父が破産して離散寸前の一家が、SNSの投稿によって思わぬ方向に導かれる。キャストは『家族X』などの南果歩、作家でクリエーターのいとうせいこうをはじめ、田本清嵐、小川未祐、柄本明らが集結。演劇ユニット「コンプソンズ」の脚本・演出を担当している金子鈴幸が共同脚本を務めた。

あらすじ

父・修次(いとうせいこう)の破産によって東京郊外の大豪邸を手放すことになった笹谷家は、引っ越しの準備を進めていた。ふがいない父に苛立つ娘のあかね(小川未祐)は、家でパーティーをするので誰でもいいから飲食類持参で来て、とSNSに投稿する。すると笹谷家に次々と人が集まり始め、どんちゃん騒ぎを繰り広げる。修次が追い返そうとしていると、かつて恋人と一緒に家を出ていった元妻・昭子(南果歩)が現れる。

[PR]

映画詳細データ

製作
  • パンクチュアルカルチャー
  • 大江戸美術
企画
  • シネマインパクト
  • C・C・P
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]