8番目の男 (2018)

2019年11月1日公開 114分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
8番目の男
(C) 2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzakFilm, All Rights Reserved

見どころ

韓国で2008年に導入された国民参与裁判制度をテーマにした法廷サスペンス。メガホンを取ったホン・スンワン監督は、複数の判事と直接会うなど綿密なリサーチを重ね、類似した事件や裁判の判決文を参考に脚本を執筆した。 陪審員の一人をドラマ「SUITS/スーツ」などのパク・ヒョンシク、裁判官を『オアシス』などのムン・ソリが演じる。

あらすじ

韓国で一般国民が参加する初めての裁判が開かれ、年齢も職業もバラバラな8人が陪審員に選ばれる。すでに証拠、証言、自白がそろっていて刑を量定するだけだったが、被告人が突如容疑を否認し、陪審員たちは有罪か無罪の決断を迫られる。裁判長のジュンギョム(ムン・ソリ)は速やかに裁判を進めようとするが、8番陪審員のナム(パク・ヒョンシク)は有罪だと思えなかった。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

[PR]

映画詳細データ

英題
JUROR 8
製作国
韓国
配給
  • クロックワークス
技術
カラー
(シネマート新宿、シネマート心斎橋)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]