もち (2019)

2020年7月4日公開 61分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
もち
(C) TABITOFILMS・マガジンハウス

見どころ

岩手県一関市に根付く食文化を背景に、思春期のみずみずしい瞬間をノンフィクションに近いフィクションとして描いたドラマ。14歳の少女の視点で、土地に残る言葉や文化、伝統を映し出す。メガホンを取るのは、『たまたま』などの小松真弓。ヒロインをはじめ一関市の人々が出演している。

あらすじ

岩手県一関市の骨寺。山々に囲まれたこの地には、うすでついたもちをみんなで食べる風習がある。おばあちゃんが亡くなった中学生のユナ(佐藤由奈)の家では、おじいちゃん(蓬田稔)が葬式でうすときねを使ってもちをつきたいと言うが、家族はもちつき機でもおいしいもちができると説得する。一方、中学校の閉校が決まり、ユナの世界も変化していく。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
音楽
撮影
照明
整音
編集
VFX

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • フィルムランド
技術
カラー
(ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]