どなたでもご覧になれます

ある女優の不在 (2018)

2019年12月13日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ある女優の不在
(C) Jafar Panahi Film Production

見どころ

『チャドルと生きる』『オフサイド・ガールズ』などのイラン人監督、ジャファル・パナヒが第71回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したドラマ。夢を断たれた少女が自殺しようとしていることを知った女優が、パナヒ監督を伴い少女の住む村を訪れる過程を、ドキュメンタリーとフィクションの枠を超えて表現する。ベーナズ・ジャファリ、マルズィエ・レザイらのほか、パナヒ監督自身も出演した。

あらすじ

イランの女優ベーナズ・ジャファリのもとに、マルズィエという少女から動画のメッセージが届く。女優を目指すマルズィエは、芸術大学に合格したが家族によって夢を断たれたと話し、ロープを首にかけようとしていた。ジャファリは心配になり、ジャファル・パナヒ監督と共にマルズィエの住む村に行く。少女を調査をするうちに、二人はイラン革命後に起きたスター女優の悲劇を知る。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本

映画詳細データ

英題
3 FACES
製作国
イラン
配給
  • キノフィルムズ
技術
カラー/ビスタサイズ/5.1ch
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]