21世紀の資本 (2019)

2020年3月20日公開 103分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
21世紀の資本
(C) 2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

見どころ

フランスの経済学者トマ・ピケティ氏のベストセラーノンフィクションを映画化したドキュメンタリー。現在の資本主義が抱える問題を提示する。ピケティ氏が監修・出演し、ドキュメンタリーを手掛けてきたジャスティン・ペンバートンが監督した。経済学者のジョセフ・E・スティグリッツ氏、政治学者のイアン・ブレマー氏、ジャーナリストのポール・メイソン氏らが出演する。

あらすじ

1989年、ベルリンの壁が崩壊し、冷戦が終結して東欧の共産主義が終えんを迎えた。人々は資本主義を支持するが、それによって引き起こされた市場の規制緩和と私有財産への盲信が、大きな格差を生んだと経済学者のトマ・ピケティ氏は語る。さらに21世紀の資本は、人口の1パーセントに集中していた18世紀ヨーロッパと似た状態にあるという。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3.5

4

すべて見る »

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
CAPITAL IN THE TWENTY-FIRST CENTURY
製作国
フランス/ニュージーランド
配給
  • アンプラグド
提供
  • 竹書房
技術
カラー/シネマスコープ/5.1ch
(新宿シネマカリテほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

1ドル紙幣
1ドル紙幣

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]