リトル・ジョー (2019)

2020年7月17日公開 105分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
リトル・ジョー
(C) COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

見どころ

新種の植物がもたらす恐怖を描いた異色のスリラー。『ルルドの泉で』などのジェシカ・ハウスナー監督が、科学技術の発展の裏に潜む危うさを映し出す。主演のエミリー・ビーチャムは、本作で第72回カンヌ国際映画祭の女優賞を受賞した。共演は『ブライト・スター ~いちばん美しい恋の詩(うた)~』のベン・ウィショーとケリー・フォックスら。

あらすじ

シングルマザーの研究者アリス(エミリー・ビーチャム)は、幸せになる香りのする新種の植物リトル・ジョーを開発するが、仕事にのめり込むあまり息子のジョーと向き合っていないことに後ろめたさを感じていた。ある日アリスは、リトル・ジョーを植えた鉢を持ち帰り息子にプレゼントする。しかし、花の香りをかいだジョーや、花粉を吸い込んだアリスの助手クリス(ベン・ウィショー)の様子が徐々におかしくなる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LITTLE JOE
製作国
オーストリア/イギリス/ドイツ
配給
  • ツイン
技術
カラー/ビスタサイズ/5.1ch
(アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]