その神の名は嫉妬 (2018)

公開日未定公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』『暁闇』などの俳優・芦原健介が、監督・脚本・編集・主演をこなしたドラマ。俳優として活躍する友人に嫉妬する営業マンの暴走をシニカルな視点で描く。共演は『リバースダイアリー』などの新井郁、『恐怖』などの日下部そうら。

あらすじ

不動産会社の営業職に就き、さえない毎日を送る増田(芦原健介)は、同居している恋人の朋子(新井郁)に支えられていた。しかし、二人の共通の友人で俳優として目覚ましい活躍を見せている武藤(日下部そう)の存在が増田の心をかき乱し、テレビに彼の姿が映ると部屋には不穏な空気が充満するようになる。やがて二人の気持ちはすれ違い、増田の嫉妬心が肥大化する中、神父を名乗る男が現れる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・編集
撮影・照明
録音
助監督・スチール
ヘアメイク
衣装協力
音楽
チラシデザイン
スチール

映画詳細データ

製作国
日本
製作協力
  • STUDIO TRAM
技術
カラー/16:9
(池袋シネマ・ロサ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]