ヴィタリナ (2019)

2020年9月19日公開 130分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

ペドロ・コスタが監督を担当し、『ヴァンダの部屋』『コロッサル・ユース』と同様に、リスボンのスラム街フォンタイーニャス地区を舞台に描くドラマ。多くのアフリカ系移民たちが暮らす街で、主人公が浮き沈みの激しい自身の人生について口を開く。自らの名前と同じ主人公をヴィタリナ・ヴァレラが演じ、『ホース・マネー』などのヴェントゥーラらが共演する。本作は第72回ロカルノ国際映画祭で、金豹賞と最優秀女優賞を受賞している。

あらすじ

出稼ぎに行っていた夫・ジョアキンが危篤だという知らせが届き、ヴィタリナ(ヴィタリナ・ヴァレラ)はアフリカのカーボベルデからポルトガルのリスボンにやって来る。だが、すでに夫は亡くなった後で、葬儀も3日前に終わっていた。ヴィタリナはそのままリスボンに残り、スラム街のフォンタイーニャス地区にジョアキンが借りていた、ほの暗い部屋で生活し始める。

[PR]

映画詳細データ

英題
VITALINA VARELA
製作国
ポルトガル
配給
  • シネマトリックス
製作会社
  • Sociedade Optica Tecnica
技術
DCP
(ユーロスペースほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]