イサドラの子どもたち (2019)

2020年9月26日公開 84分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

元コンテンポラリーダンサーで『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』などのダミアン・マニヴェル監督が、モダンダンスの先駆者イサドラ・ダンカンが遺(のこ)した演目を翻案したドラマ。それぞれのアプローチでダンスと向き合う4人の女性たちの表現を通して、母と子、そして喪失と再生の物語を紡ぐ。ドラマ「OSMOSIS/オスモシス」などのアガト・ボニゼール、マニヴェル監督作『犬を連れた女』などのエルザ・ウォリアストンらが出演。本作は第72回ロカルノ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した。

あらすじ

20世紀初頭の舞踊界に革命を起こした伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンは1913年4月、二人の子供を事故で亡くす。悲しみに暮れる彼女は亡き子供たちにささげるソロダンス「母」を創作。それから100年後、イサドラの自伝と舞踊譜を解読するアガト、対話を通じて新しい「母」を共作するダンサーのマノンと振付師マリカ、そして「母」の公演を観劇した余韻に浸るエルザら4人の女性が、それぞれの解釈でイサドラが遺(のこ)したダンスを表現していく。

[PR]

映画詳細データ

英題
ISADORA'S CHILDREN
製作国
フランス/韓国
配給
  • コピアポア・フィルム
技術
ビスタサイズ/5.1CH/カラー/DCP
(シアター・イメージフォーラムほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

特製ポストカード・セット
特製ポストカード・セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]