15歳以上がご覧になれます

そこにいた男 (2020)

2020年11月13日公開 33分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『パラサイト 半地下の家族』などのポン・ジュノ監督作品に携わってきた、『岬の兄妹』などの片山慎三が監督を手掛けた短編。映画制作スタッフの女性が身も心もささげる俳優に、違う女性の影がちらつく。『See You』などの清瀬やえこ、『空と海のあいだ』などの安井秀和や『カケラ』などの中村映里子、片山監督作『岬の兄妹』で主演を務めた松浦祐也らが共演。『あのこは貴族』などで監督も務める岨手由貴子が脚本を担当している。

あらすじ

深夜に血だらけの女性・紗希(清瀬やえこ)が、マンションのエレベーターホールに座り込んで、たばこを吸いながらスマートフォンで誰かと話している。住人たちは、意識を失いかけた血まみれの男性・翔(安井秀和)が紗希の隣で横たわる様子を撮影し、集まった警官らは慌ただしく無線で連絡を取り合う。うつろな目をした紗希は、取調室で二人の刑事に囲まれながら翔との関係を口にする。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
脚本
撮影
美術
録音・整音
音楽
編集
プロデューサー
アシスタントプロデューサー

映画詳細データ

製作国
日本
企画製作・配給
  • CRG
技術
カラー
(アップリンク渋谷、アップリンク京都)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]