どなたでもご覧になれます

Mank/マンク (2020)

2020年12月4日公開 132分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
Mank/マンク
Netflix映画『Mank/マンク』12月4日(金)より独占配信開始

見どころ

『市民ケーン』の脚本家、ハーマン・J・マンキウィッツを主人公にした人間ドラマ。黄金期のハリウッドを背景に、「マンク」と呼ばれた脚本家がアルコール依存症に苦しみながらも、後に名作となる脚本を仕上げる。『ソーシャル・ネットワーク』などのデヴィッド・フィンチャーが監督を手掛け、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』などのゲイリー・オールドマンが主人公を演じ、『マンマ・ミーア!』シリーズなどのアマンダ・セイフライドや、『あと1センチの恋』などのリリー・コリンズらが共演している。

あらすじ

社会を鋭く風刺するのが持ち味の脚本家・マンク(ゲイリー・オールドマン)は、アルコール依存症に苦しみながらも新たな脚本と格闘していた。それはオーソン・ウェルズが監督と主演などを務める新作映画『市民ケーン』の脚本だった。しかし彼の筆は思うように進まず、マンクは苦悩する。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4.7

3

関連記事

もっと見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
MANK
製作国
アメリカ
配信
  • Netflix
技術
モノクロ
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]