ADVERTISEMENT

ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏 (2019)

2021年1月29日公開 113分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏
(C) 2020 Iervolino Entertainment S.p.A.

見どころ

ノーベル文学賞作家、J・M・クッツェーの「夷狄を待ちながら」をジョニー・デップなどの出演で映画化したドラマ。アフリカの辺境の地で、中央政府の警察官僚による激しい弾圧が現地の人々を苦しめる。デップが冷徹な警察官僚を演じるほか、『ブリッジ・オブ・スパイ』などのマーク・ライランスや『トワイライト』シリーズなどのロバート・パティンソンらが出演。『彷徨える河』などのシーロ・ゲーラが監督を務め、クッツェー自身が脚本を手掛ける。

あらすじ

19世紀のアフリカ。ある帝国に支配された辺境の町で、「蛮族が攻めてくる」といううわさが流れていた。治安維持のためにやってきた中央政府の警察官僚(ジョニー・デップ)と副官(ロバート・パティンソン)らは、厳しい弾圧や残酷な拷問を強行。彼らの横暴な振る舞いに、街の民政官(マーク・ライランス)が抵抗する。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

関連記事

ADVERTISEMENT

映画詳細データ

英題
WAITING FOR THE BARBARIANS
製作国
イタリア/アメリカ
配給
  • 彩プロ
技術
カラー
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT