8時15分 ヒロシマ 父から娘へ (2020)

2021年7月31日公開 51分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
8時15分 ヒロシマ 父から娘へ
(C) 815 Documentary, LLC

見どころ

広島に投下された原子爆弾によって被爆した父の体験を、娘の美甘章子さんがつづったノンフィクション小説「8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心」を映画化。戦争や原爆の悲惨さや、絶望的な状況を乗り越えようとした父の生きざまと、父から娘へ受け継がれた平和への思いを描く。著者自らエグゼクティブプロデューサーを務め、 J・R・ヘッフェルフィンガーが監督を担当。『JUDGE/ジャッジ』などの田中壮太郎、ジョナサン・タニガキ、エディ・大野・トオルらが出演する。

あらすじ

1945年8月6日、広島。19歳の美甘進示(ジョナサン・タニガキ)が父の福一(エディ・大野・トオル)と共に建物疎開の準備をしていたとき、上空で原子爆弾がさく裂し街中が焦土と化す。瀕死の重傷を負った父子は救助を求めて街をさまよい、進示はあまりの苦痛に死すら願うが、父に励まされ懸命に前を向く。その後離れ離れになった父を捜す進示は、自宅のあった場所でがれきの中から父の懐中時計を見つける。それから40年後、進示の平和への願いがニューヨークの国連本部に届く。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
エグゼクティブプロデューサー・原作
プロデューサー

映画詳細データ

英題
8:15
製作国
アメリカ
配給
  • 新日本映画社
技術
シネマスコープ/5.1ch
(新宿K’s cinema 広島・八丁座 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]