ADVERTISEMENT

誰かの花 (2021)

2021年12月18日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
誰かの花
(C) 横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会

見どころ

横浜市にある映画館「シネマ・ジャック&ベティ」の30周年企画として製作され、悲劇と救いをテーマとしたヒューマンドラマ。団地のベランダから落ちた植木鉢が住民に直撃した事故をめぐり、偽りと真実が交錯する。監督は『世界を変えなかった不確かな罪』などの奥田裕介。出演は『ケンとカズ』などのカトウシンスケのほか吉行和子、高橋長英、大石吾朗、テイ龍進、渡辺梓など。

あらすじ

鉄工所に勤務している孝秋(カトウシンスケ)は実家の団地を訪れるが、父の忠義(高橋長英)は孝秋と数年前に死んだ孝秋の兄との区別がつかなくなっていた。ある日、団地のベランダから落ちた植木鉢が住民に直撃するという事故が起こる。心配した孝秋が実家に駆けつけると、ベランダの窓が開き、父の手袋に土がついていた。

ADVERTISEMENT

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • GACHINKO Film
技術
5.1ch/アメリカンビスタサイズ
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT