ADVERTISEMENT

無慈悲な光 (2021)

2021年11月19日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

劇作家、演出家のえのもとぐりむによる戯曲「マウスの道徳」を基にした舞台「無慈悲な光」を映画化。人間の姿をした実験動物たちが人間であることを訴えるが、安楽死の実験材料にさせられる。メガホンを取るのは、舞台版の演出・プロデューサを務め、本作の資金をクラウドファウンディングなどで調達した芸人のカジ。舞台版に出演した加藤あやの、あべみかこ、山岸逢花、AIKA、本庄鈴、つぼみのほか、栄川乃亜、久留木玲らが出演する。

あらすじ

ある研究所の一室に集められた、M01(加藤あやの)、M02(あべみかこ)、M03(山岸逢花)、M04(AIKA)、M05(本庄鈴)。彼女たちは、人間と同じ姿をした実験動物だった。自分たちを人間だと信じて疑わない彼女たちは実験動物ではないと声を上げるが、安楽死の実験の対象にされる。

ADVERTISEMENT

映画詳細データ

製作国
日本
製作
  • アエロ
技術
カラー
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT