ADVERTISEMENT

ホテルアイリス (2021)

2022年2月18日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ホテルアイリス
(C) 長谷工作室

見どころ

『博士の愛した数式』の原作などで知られる芥川賞作家・小川洋子の小説を映画化。人気のないリゾート地を舞台に、中年の男と心に闇を抱えた若い女性が織り成す禁断の世界を描く。監督・脚本などを『黒四角』などの奥原浩志が務め、『少年の君』などの撮影を担当したユー・ジンピンが参加。ロシア文学翻訳者を『あん』などの永瀬正敏、ヒロインを台湾でモデルとしても活動する陸夏が演じるほか、菜 葉 菜、寛 一 郎、マー・ジーシアン、リー・カンションらが共演する。

あらすじ

海沿いのリゾート地。日本人の母親(菜 葉 菜)が営む「ホテル・アイリス」を手伝うマリ(陸夏)はある嵐の夜、ホテルで女に暴力と罵声を浴びせる男(永瀬正敏)と出会う。ただならぬ状況に動揺しながらも、彼女は男の振る舞いに強く惹(ひ)かれていた。その男はロシア文学の翻訳家で、離れ小島に独りで暮らしているという。父親(マー・ジーシアン)が事故死した過去を引きずるマリは、導かれるように男が住む島へ向かい、二人だけの濃密な世界に溺れていく。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

ADVERTISEMENT

映画詳細データ

製作国
日本/台湾
配給
  • リアリーライクフィルムズ
配給・製作
  • 長谷工作室
製作
  • 北京谷天傳媒有限公司
  • 紅色製作有限公司
技術
カラー
(新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか)
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT